「夢幻偽郷 〜 First Disaster」 - 物語

夢幻偽郷

ストーリー




■ プロローグ

幻想郷、―魔法の森。

その森の中に家を構えて住んでいる魔法使い、アリス・マーガトロイドは森を調べていた。
数刻前から森の妖精がざわつき、同時に化け化けという、幽霊でも亡霊でも怨霊でもない魑魅魍魎を見かけるようになっていた。
森そのものも通常では考えられないスピードで成長・変化している。

何かの異変の前触れか、それとも何かが森に異変をもたらしたのか。
答えを見つける前にそれは突然襲ってきた。巨大な鉄の塊。に乗った少女。
その見知らぬ妖怪(?)は問答無用にアリスを攻撃する。

戸惑いながらもそれを撃退すると、今度は見知った顔に出会った。
それは驚くべきことに過去のアリスを写した『何か』だった。

アリスはその自分の偽者をつかまえ話を聞こうとするが、偽者は全く取り合わず結局見失ってしまった。

アリス「私の知らないところで、何かが起こってるのは間違いなさそう…。
しょうがない、アレを放っておくのも気分悪いし、単独で動くより、ここは異変の専門家に任せるほうがよさそうね。」

異変の専門家、妖怪退治を生業とする博麗神社の巫女、博麗霊夢。

アリスは彼女に会うため、東の神社へと向かった。